2015年7月6日月曜日

北見国際クレー射撃場

朝一の仕事が終わったので北見国際クレー射撃場に行ってみることにした。毎週日曜日のみ営業しており、北見クレー射撃協会のメンバーが自主的に運営しているのである。ちなみに会員になると格安で利用することができる。

ハウスの前にはトラップ射場がある。トラップは手前から遠くに離れて行く皿を撃つ競技。皿は正面だけでなく、左や右に変化して飛んでいく。これが簡単そうで難しい。

100メートルほど坂を降りていくと、スキート射場がある。こちらは右と左にある発射台から飛んでくる皿を撃つもの。シングルは1枚、ダブルは2枚がほぼ同時に飛ぶのを撃つ。

7番射台では向かいの発射台から飛んでくる皿と手前の発射台から飛んでいく皿を撃つ。射台によって狙い方も変ってくるため、変化がありかつ実戦的である。

圧巻は8番射台。自分のほぼ上方を飛ぶ皿を撃つ。これがなかなか当たらないのだが、ここで当たるととてもうれしい。いつものことながら皿のスピードに付いていけず、2発とも外して終了。

最後にダブルトラップという競技を試しにやってみた。トラップなのだが、2枚が時間差で飛びだす。1枚目を撃ってすぐに2枚目を撃たなければならず、もたもたしているとあっという間にクレーが遠くへ飛んでいく。難しいけどなかなか面白いものだった。 

結果はご覧の通り初心者レベル。斜線が当たりで○印は外れである。スコアはともかく皆でわいわいやるのが楽しい。ちなみに来週は大会である。果たしてどんなことになるのやら。


4 件のコメント:

  1. こんにちは。

    狩猟期間中ではなく、害獣駆除でもなければ、射撃場に行かないと腕が鈍るでしょう。
    新しく赴任されたご近所に射撃場があってよかったですね。

    当県ではエアライフル射撃場がひとつしか無く、それも近くない距離、『所持許可が下りたら練習をするように』と所轄から言われても、さてどうしましょうかと思っているところです。

    返信削除
  2. とりさん、コメントありがとうございます。自宅から車で15分のところにこの射撃場があり、とても恵まれた環境にいることを実感しています。
    ハンターは日頃から射撃技術の向上に心掛けるよう警察から言われているところですが、射撃場が無かったらどうしようもありません。ライフル射撃場が全くない県もあると聞いています。
    国は規制ばかりではなく、その辺の環境整備も同時に進めてもらいたいものです。

    返信削除
  3. 私も先週栗山で100枚撃ってきました。得点43点、10人中最下位です。トップは91点、24を3回も撃っておられました。信じられませんw

    返信削除
    返信
    1. 空知のガンオタさん、コメントありがとうございます。
      クレーが上手な人っていますよね。24枚って、あと1枚で満射ですよね。私の目標は20枚です。今期中に何とか達成したいですね。

      削除