2017年7月18日火曜日

農家のための有害駆除

昨年上期における有害駆除の実績はキツネ1匹のみ。昨年の反省を踏まえ、今年は鳥獣被害がありそうな農家に積極的に伺って獲らせてもらうことにした。いわゆる飛び込みである。初めは不安だったが、どこの農家も好意的に受け入れてくれた。


特に困っているのが酪農家である。カラスはとても利口であり、私の姿を見た途端あっという間にいなくなるが、姿を隠していると必ず戻って来ることがわかった。隠れて待ちながら撃つ方法で捕獲効率を上げることができた。


ドバトは牛舎の中に巣を作り、その糞で施設を汚すため衛生上の問題がある。さらにドバトはカラスよりも小さいので狙いにくく、弾にも強いので逃げられることも多い。根気よく捕獲するしかない。


キツネは小さな牛を狙ったりと本当にタチが悪い。乾草舎に隠れていたキツネを空気銃で50メートルの距離から射撃。運良く首に当たり1発で仕留めることができた。


キジバトは植えたばかりの種や新芽を食害する。こいつもドバトと同じで狙いにくく、さらに警戒心が強く、すぐに飛んでいってしまう。待ち伏せで捕獲する。


右側の高い電信柱の先端がカラスのお気に入りの場所である。ここに来るのをひたすら待つ。長時間来ないこともあるが、ここはカラスとの根比べである。
ほぼ週1回ペースで回っているうちに農家の人たちとも仲良くなって自然と挨拶や会話も弾むようになってきた。昨年とは打って変わってやりがいを感じている。


1 件のコメント:

  1. 次の投稿楽しみに待ってます。自分45で猟師目指してますので。

    返信削除